PowerShell

PowerShell を利用した Exchange Online の管理 -準備編 Part 1-

2017/07/17

Exchange Online をはじめ、Office 365 の各種製品は PowerShell を利用することでより簡単に、多数のユーザーを一括で管理、編集することが可能になります。
今回はこの PowerShell を利用して Exchange Online を管理、運用するための前準備をまとめていきますが、PowersShell ってそもそもナニ??って方もいると思います。細かい説明は探せばたくさんでてくると思うので省略しますが、下図例のようにキーボードからコマンドを入力、実行し、それに対して応答が返ってくるものです。

コマンドの実行とか馴染みがない方にはハードルが高いように感じるかもしれないですが、設定内容によっては GUI では提供されておらず、PowerShell のコマンドからのみ設定可能な項目もある感じなので、正直、ある程度の人数のテナントで Exchange Online を管理、運用するためには必須です。
自分だけとか極々少人数で利用しているテナントにおいても、ある程度は PowerShell を使えるように、少なくとも存在、知識としては覚えておいて損はないです。

と、いうことで Exchange Online を PowerShell で利用するための前準備 Part 1 です。今回は、最初に 1 回だけ実施する必要がある設定変更についてです。設定を行った端末から PowerShell コマンドを実施することが可能になります。

まず、PowerShell コマンドを実行するには、PowerShell 自体を起動する必要があります。こちらは Windows OS の付属品になります。2017 年現在ですと、普段利用しているのは古くても Windows 7 で、無償アップデートもあったためほぼほぼ windows 10 かなと思いますので、スタートメニューのどこかに [Windows PowerShell] がありますのでこちらを起動するわけですが、初回のみ [Windows PowerShell] からコマンドを実行できるように設定を変更する必要がありますので、最初は、[Windows PowerShell] を右クリックして、[管理者として実行] から起動します。なんか確認のダイアログが表示されると思いますが、ここは [はい] で問題ないです。

そして無事 PowerShell が起動されたら下記コマンドを実行して設定変更を行います。くどいですがこちらは初回のみ設定変更すればよく、2 回目以降は不要な手順になります。ですので、過去に設定したことがある場合はこちらの手順は不要になります。

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned

実行すると、下図例のように確認が求められるので、"y" を入力して変更を確定します。

参考となりますが、今現在の ExecutionPolicy の状態を確認するためには、下記コマンドを実行します。

Get-ExecutionPolicy

実行すると、下図例のように現在の設定が表示されます。


以上で、準備編 Part 1 は終了になります。続きは準備編 Part 2 で。

まとめ

  • PowerShell コマンドを利用するためには、Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned を実行して設定変更を行う必要があります。
  • こちらの本設定変更は端末ごと、つまりコンピューターごとに初回 1 回のみ実施する必要があります。

-PowerShell