オプション

Exchange Online 組織外への予定表の公開とアクセス権

2018/07/05

[予定表の公開] オプションを利用することにより、自分自身の予定表を組織外のユーザーに公開することが可能になります。

予定表の公開オプション設定のアクセス権と設定時の動作について

本オプションで設定する内容は、公開対象の予定表の選択と、公開時のアクセス権レベルの設定となります。

設定が完了すると、本オプションページ内に外部公開用の URL と .ics ファイルのダウンロード用 URL が表示されますので、用途に合わせて、いずれかの公開方法を外部ユーザーに連絡することで自身の予定表を組織外に公開することが可能となります。

[アクセス許可の選択] にて選択可能なアクセス権は既定の "共有なし" に加えて下記の 3 つです。

  • 空き時間情報のみ - 予定あり、空き時間、仮の予定などのステータスのみを確認できます。
  • 詳細情報の一部 - 件名、場所、時間などが確認できます。
  • 詳細情報 - 件名、場所、時間に加え、予定表の詳細が確認できます。

※ 予定表共有時のアクセス権と同様に、上から順に AvailabilityOnly、LimitedDetails、Reviewer の権限になります。

[予定表の公開] オプションによる公開時の注意点について

本注意点は、.ics 形式ではなく、URL 形式で URL から直接アクセス時の動作に対する注意点となります。

  • アクセス許可の値を変更するたびに生成される URL も変更されます。
  • 新しい URL が生成された後、古いURLにアクセスすると 403 エラーとなり接続できません。
  • 予定表に予定表アイテムが作成されると、外部に公開されている予定表もアップデートされます。よって、本オプションによって公開される予定表は、URL 生成時の予定表のスナップショットではありません。
  • 本オプションで公開された予定表において、予定が表示されるのは動作検証の結果からは半年先までのようです。半年以上先は予定が入っていたとしても外部に公開した予定表には予定表アイテムが表示されません。

※表現の補足 (予定表だったり予定だったりとわかりにくいと思うのでこのトピックでは下記の文言を利用しています)
・予定表 = 予定表全体のこと。
・予定表アイテム = 予定表内に作成する、作成される予定のこと。

-オプション