オプション

Exchange Online のアラームでは細かい設定が可能です

2017/12/10

Outlook on the web のオプション - アラーム

予定表のアラーム設定を行うためのオプションになります。
このアラーム、具体的な動作としては、予定の前に通知してくれるというものになります。

例えば、豆まきという予定が2月3日の夜19時に入っていると仮定し、アラームの設定が5分であれば、18時55分に、5分後に豆まきの予定が入ってますよ。って感じでアラームを表示してくれます。表示箇所は下記のように画面右上角になります。(図の設定時間とアラームは文中のものと異なりますが…)

alarm
上記豆まきの予定でアラームの設定が10分であれば、18時50分にアラームで通知、アラームの設定が15分であれば18時45分にアラームで通知といった動作になります。このアラーム、アラームが表示された後に再通知時間も設定可能 (めざまし時計のスヌーズっぽい感じであとでまたお知らせしてくれる) です。

そんなアラームの動作に関連するオプション設定は以下3点になります。

  • [アラーム機能を有効にする]
    アラーム機能を利用するのかしないのかの設定になりますが、予定表アイテム作成時、予定表アイテムに対して個別にアラームの設定を行うことで、アラームは有効になり普通に動作するため、こちらのオプションでアラームを無効にしても、アラームを完全に無効にすることはできないようです。
    本設定を無効にすると、予定表アイテムにおけるアラームの既定値が"なし"になり、本オプション項目の残りの設定 ([アラームを音で知らせる]と[アラームの既定]) もグレーアウトします。
  • [アラームを音で知らせる]
    音も鳴らして知らせる(= 有効)か、音は鳴らさず画面上の通知だけかの設定にする(= 無効)か。の設定になります。音だけ鳴らして通知なしの設定は残念ながらありません。Office365にサインインさえしていれば、ブラウザが最小化されていても音は鳴ります。
  • [アラームの既定値]
    アラームの通知時間の既定値を設定します。ここで設定した時間が、予定表アイテム作成時のアラームの既定の時間になります。設定可能な値は下記となります。

0分
5分
10分
15分
30分
1時間
2時間
3時間
4時間
8時間
12時間
1日
2日
3日
1週間
2週間
もちろん、予定表アイテムを作成する際には、こちらで指定した既定値から任意の値に変更することも可能です。

-オプション