オプション

許可/拒否だけじゃわからないよ…。Outlook on the web の迷惑メール設定

2018/07/05

オプションの項目名になっている [許可/拒否] だと、項目名から設定内容が少々連想しずらいような気もしますが、本オプションは、迷惑メールフィルターの利用可否、およびセーフリストと受信拒否リストを設定するオプションになります。

迷惑メールフィルターの利用可否設定について

最初に迷惑メールのフィルターを利用して、自動的に迷惑メールフォルダーに振り分け処理を実施するか?しないのか?の設定。以下で選択します。

  • メールを [迷惑メール] フォルダーに移動しない
  • 迷惑メールを自動的にフィルター処理する

既定の設定は [迷惑メールを自動的にフィルター処理する] になります。つまり、Exchange Online が持つ迷惑メールのフィルター機能によって、迷惑メールと判定されたものは、受信トレイに配信されず、迷惑メールフォルダーに振り分けられます。

ただし、迷惑メールのフィルター機能といっても万能ではないですし、非公開の動的なアルゴリズムによって自動処理されているので、受信者にとって本来受信トレイに配信にしてほしいものを迷惑メールフォルダーに振り分けたり、迷惑メールフォルダーに振り分けてほしいようなスパムメールがそのまま受信トレイに配信されることもあります。

ここで追加の設定として登場するのが、セーフリストと受信拒否リストの設定になります。Outlook on the web のオプションではセーフリストの名称が「信頼できる差出人と宛先のリスト」という名前になっています。

[信頼できる差出人と宛先のリスト] と [受信拒否リスト] について

信頼できる差出人と宛先のリスト

このリストに登録したメールアドレス、ドメインからのメールは迷惑メールとして判定せず、受信トレイに配信する動作となります。リストの下部にある [連絡先からのメールを信頼する] を有効にすると、本リストに個別に設定しなくても、自身の個人用連絡先に登録されているメールアドレスから受信した場合は、受信トレイに配信する動作になります。

受信拒否リスト

このリストに登録したメールアドレス、ドメインからのメールは迷惑メールとして判定し、迷惑メールフォルダーに配信する動作となります。リスト下部にある [信頼できる差出人と宛先のリストに登録されていない送信者からのメールを信頼しない]を有効にすると信頼する設定になっているメール以外はすべて迷惑メールフォルダーに配信されます。つまり、受信するメールは、信頼できる差出人と宛先のリストに登録されているメールアドレスからのメール、および、[連絡先からのメールを信頼する] を有効にした上で、個人用連絡先に登録されているメールアドレスとなります。

自ドメインの登録について

最後に補足となりますが、組織内のメール (同じドメイン) からのメールは、無条件で信頼する差出人となり、スパム判定されない動作になっています。ですので、組織のドメイン、メールアドレスは上記いずれのリストにも登録できません。(登録自体できるように見えますが保存するとエラーになります)

以上、オプションの設定となりますが、冒頭にも記載したとおり迷惑メール判定 (スパム判定) はなかなかに大変な設定です。ひとつの例となりますが、直ぐ上に書いたオレンジ色部分を否定するような動作があったりします。つまり、組織内のメール (同じドメイン) からのメールは、無条件で信頼する差出人となり、スパム判定されない動作になっているにも関わらず、メールのフローによっては、同じドメインからのメールが迷惑メールフォルダーに振り分けられるなんてことが起こりえます。

-オプション