オプション

優先受信トレイって動作検証の邪魔じゃありませんか?でも意図するように設定可能ではあります。

2017/12/10

優先受信トレイの利用可否を設定するオプションになります。2017 年春頃から登場しているオプションです。
オプションの設定項目自体は下記 2 つになり、まさにこの機能を利用するか、しないかのみです。

  • [メッセージを優先とその他に分類する]
  • [メッセージを分類しない]

[メッセージを分類しない] を選択した場合は、これまでの動作と一緒です。

[メッセージを優先とその他に分類する] を選択すると [受信トレイ] を選択した際に、[優先] と [その他] というメニューが表示され、タブのように切り替えて表示する動作に切り替わります。本オプションページから設定を行わなくても、下記図のとおり、[フィルター] - [優先受信トレイを表示] からでも設定変更ができます。

 

優先受信トレイという機能名になってはいますが、[優先受信トレイ] と [その他受信トレイ] が物理的に分けられているわけではなく、[受信トレイ] に対して、[優先] と [その他] というビューを設けているだけっぽく、何のことはないただのビューフィルター機能な感じです。

 

で、どのようなメールが [優先] で、どのようなメールが [その他] なのか?という点については、詳細は公開されていないですが、ニュースレターや、自動返信されたメール (コンピューターが生成したメール)、頻繁にやりとりのある相手などなどに基づいて判断される模様です。

もちろん、差出人ベースではありますが、この差出人からのメールは、常に [優先] に表示する、常に [その他] に表示するという設定を行ったり、[優先] から [その他] へ、またその逆にアイテムの表示を変更することもも可能です。これらの操作は下図のとおりメールアイテムを右クリックした際に表示される [常に〇〇受信トレイに移動]、[〇〇受信トレイに移動] というメニューを利用します。

受信のルールを利用しても、様々なメールが入り乱れがちな受信トレイをよりスマートに表示する機能なので、この機会に利用してみるのもよいかもしれません。

-オプション