Outlook on the web

Exchange Online でメールアイテムを eml 形式で保存する方法

切り分け、検証、確認をしている際、メールアイテムを eml 形式で見たいことあると思うんですが皆さまどうでしょう?

msg 形式と異なり、eml 形式であれば、テキストファイルとしてメモ帳などのテキストエディターから eml ファイルを開くことで、ヘッダーと本文、添付ファイル、区切り文字を含めたメールの構成をざっと確認することができます。

問題のあるメールアイテムを Telnet で流し込んで検証するときも eml 形式は便利と思います。

このように、実は切り分けに役立つ eml 形式ですが、Outlook クライアント上でメールアイテムを保存した場合、メールアイテムは msg 形式となり、eml 形式にはなりません。Outlook クライアントには eml 形式で保存する機能は提供されていないはずです(あったらごめんなさい)。

他のメーラー (Thunderbird とか) を利用することで eml 形式のメールアイテムを準備することは当然できますが、他のメーラーを準備しなくても、Outlook on the web を利用するだけでメールアイテムを eml 形式として保存できるんです。

以下、eml 形式で保存するための手順になります。

  1. eml 形式で保存したメールアイテムが格納されているメールボックスを Outlook on the web で開きます。
  2. 保存したいメールアイテムが格納されているフォルダーに移動し、対象のメールアイテムを選択します。
  3. [新規作成] をクリックし、新規メッセージを作成します。
  4. 新規ウィンドウ、または閲覧ウィンドウ内に新規メッセージ作成画面が表示されたことを確認します。
  5. 手順 2 のメールアイテムを手順 4 のメッセージ作成画面の本文にドラッグして、添付します。
  6. 正常に添付されいることを確認し、添付されたメールアイテムをクリックし、[ダウンロード] を選択します。
  7. ブラウザのダウンロード画面が表示されるので、ファイル名を入力し、.eml 形式で保存します。

どうでしょう?ちゃんと eml 形式で保存されましたか?

マイクロソフトのサポートを受けるにしても eml 形式のファイルを要求されることはありますし、自分で切り分けにするにしても、こちらの手順は覚えておくと何かと便利かもしれません。

-Outlook on the web